おもな輸出先の国について

車の輸出先として多いの東南アジアを含む発展途上国が多いのが現状です。なぜ多いのでしょうか。それには理由があります。輸出する車の多くは日本で流通が難しい、日本ではあまり人気がない車種や状態の車が選ばれています。しかし、デザインなどよりも車自体の耐久性を求めるのはアジア諸国の人たちです。タフで故障が少ない日本車は重宝されています。ご存知の方が多いと思いますが現地で走行している車のほとんどは日本車です。もう日本では走っていないような古い車種も現地では現役として利用されています。

 

その為、日本では引退しスクラップになってもおかしく無いような車が売買されアジア諸国で第二の人生を歩むことになります。走行距離が多い車はあらゆるところに負担が掛かっており故障の原因となりますが、そのような場合でも同じ車種のスクラップ車や部品取り車から部品をとり程度の良い車へ取り付けていくのです。そうする事で一台のまともな車が完成します。不具合などはありませんから輸出されたあとは現地で元気にまた走る事ができます。

 

日本ではこのように部品取り車から使える部品を取り長く乗り続けるというスタイルを好む人は少数です。しかしこの方法だと引退予定の車であっても元気に走らせることが可能になるのです。