車を輸送する方法

中古車を輸出する際に利用可能な手段は、一般的にRORO船、もしくはコンテナ船をいずれかを利用することです。利用する際は、輸出先の国、輸出する車両台数、コストなどを踏まえ、どちらの船を利用することが最適な手段となるかを考慮します。まずRORO船についてですが、船首などにランプウェーを装備し、自動車が自走して船内に格納できる構造になっています。RORO船のサービスがある国に中古車を輸出する際は、特別なケースを除き、RORO船で輸出するのが一般的です。一方、コンテナ船は、輸出先の国にRORO船のサービスが存在しないなど特別な事情がある場合に利用されます。実際には、40ftハイキューブコンテナに3~4台ほどの車両を船積みすることになります。

 

RORO船は1台ずつの輸出が可能となっていますが、こちらはコンテナにまとめて車両を積み込む必要があるため、調整が必要となります。輸出する車両が高級車である場合は、輸送中に何が発生するかわからないため、塗装のキズや、装備品および附属品の盗難を防止するために、20ftコンテナに1台のみを積み込んで輸出することもあります。日本では、コンテナ船での船積みにおいてコンテナのドアを閉めてロックした後は、輸入先のバイヤーがコンテナを開けるまで、第三者がコンテナ内の車両に触れることは一切ありません。このため、高級車を輸出する場合はコストがかかりますが、コンテナを選ぶと安全というケースがあります。B/Lなど書類の発送に利用する国際宅急便は、サービス、コスト、対象エリアなどを考慮したうえで利用するようにしてください。

輸出の際に注意したいこと

 

自宅で所有している普通自動車や軽自動車などを中古車として売却する場合、一箇所の中古車買い取り業者だけに見積もりや査定を依頼するのではなく複数の会社に依頼し最も高値で買取ってくれる業者を選ぶべきだと言えます。

その際には国内リースタイプの中古車買い取り業者と国外輸出タイプの中古車買い取り業者をどちらも利用すべきであると言えます、買い取ってもらう自動車によっては国内より海外売った方が高値が付く可能性が高いといったものもあるため、売却先の選定は重要だと言えるのです。
海外輸出系の中古車買い取り業者に査定依頼を出す場合の注意点としては、タイヤやバッテリーといった交換可能な部分に気を配っておい必要とあれば交換しておくべきであるということです。

 
海外に輸出する自動車の場合車検の残り日数は買い取り価格にあまり考慮されません、海外に持っていった際に交換する必要が無いようなタイヤやバッテリーを搭載している車体の方が買い取り金額に大きく影響を与えるという点を記憶しておいてください。
海外への自動車輸出というのは新車中古車問わずかなりの頻度で行なわれています、買い取り申請を出せばほぼ確実に買取ってもらえるという点も覚えておいてください。

輸出前の検査

日本国内で利用していた自動車を輸出する場合は、検査を行った上で輸出されていくと言います。
これは輸出先で安全に利用することが出来るなどの目的があるわけですが、輸出先の国よりいろいろな規制などがあると言われています。

国によっては、車両の年式による規制を設けている国があると言います。
この場合は、輸出における規制を行うと同時に、その自動車の安全性について十分チェックをした後で輸出をしなければならない、義務的な規制を持つ国もあるのです。

 

 

チェックを行うことで証明書を発行することになるわけですが、この証明書と言うのは、適正な方法で確認を行った事を証明するための書類であり、この証明書が無ければ輸入しないと言う国もあるのです。
一般的にチャックと言うのは船に積み込まれる前に行います。

尚、国によりチェック内容などが異なることからも、国毎に必要なチェックを行った上で船に積み込まれるのです。
因みに、JAAI、JEVIC、MAF、VCAなどの確認が国毎に義務付けられていると言います。

スリランカ、バングラディシュ、モーリシャス、タンザニアに輸出される中古車の場合は「JAAI」と呼ばれる手法で行われ、ケニア、ウガンダ、タンザニアに輸出される中古車の場合は「JEVIC」、ニュージーランドは「MAF」、マルタは「VCA」と呼ばれる手法でそれぞれ適正のチェックを行うことが義務付けられているのです。

海外との代金決済方法

海外との代金決済方法は、銀行を経由するT/T(Telegraphic Transpher)による送金が一般的となっています。スリランカやバングラデシュなどの国ではL/C(Letter of Credit)による代金決算が多く利用されていますので、これらと決算する場合はL/Cが定める文書を作成し銀行に提出することになります。部品代や代金の不足などの比較的小額の場合は、Western UnionやMoneyGram、Paypalによる送金方法を利用することもできます。T/Tは、銀行を経由し電信により送金する方法です。比較的一般的な送金方法となります。

 

送金側及び受け取り側の両方で手数料が発生し、最低でも2500~4000円の手数料額となり、送金金額に応じ高くなっていきます。日本国外の銀行から受け取る場合に、受け取る側の日本国内の銀行と契約がない場合は、別経由となり別途の手数料が発生することがあります。なるべくコストを抑えたい場合は、日本国外にもネットワークを持つ銀行を受け取り側として指定しておくといいでしょう。L/Cは、輸入者の依頼を受けつけて、輸入者側の金融機関が発行する荷為替信用状のことを言い、輸入者の銀行が輸入者の支払いを確約する仕組みとなります。

貿易条件について

中古車の輸出においては、フランスのパリに本部を置く国際商工会議所(International Chamber of Commerce)が制定したインコタームズ(Incoterms)、つまり貿易条件とその解釈に関する国際規則に基づきバイヤーと車両の売買契約を結びます。よく利用される取引条件は、FOB、CFR(C&F)、CIFの3つとなっています。まずFOBですが、これは輸出側の本船渡し条件の価格を指します。この価格をバイヤーに提示します。輸出に関わる通関費は売り主側の負担となるため、通関費は定時する価格にあらかじめ含ませておく必要があります。

 

また、輸出先国までの海上運賃および海上保険は買主負担となり、バイヤー側が手配を行います。次にCFR(C&F)についてですが、これは、商品代金(Cost)と輸出先国までの輸送費(Freight)が価格に含まれている、ということを意味します。なおFOBの価格に郵送費を加えた価格がCFRとなります。2000年に改定されたインコタームズ2000によってC&FからCFRという表記に改められました。またCFRにおける輸送手段は海上輸送に限定されますので、他の手段での輸送を検討される場合はCRTのタームをご利用ください。最後はCIFについてですが、これは、商品代金(Cost)、輸出先国までの輸送費(Freight)、海上保険(Insurance)が価格に含まれている、ということを意味します。なおCIFも輸送手段が海上輸送に限定されます。

中古車輸出の流れ

海外では日本車が大変人気があります。日本では不人気な車種であっても海外ではデザインや性能よりも耐久性の方が興味があり好まれます。過酷な条件でも故障する確率が低い日本車の人気は世界各国で認められています。発展途上国になると日本のように車検制度がないので、整備不良車が多く走っています。世界各国の車のメーカーの中で日本車が故障しにくく、暑さ寒さにも強く購入後修理の必要がないという事もあって、日本で不人気の車種でも、輸出すれば喉から手が出るほど欲しいという方が多いです。また、走行距離が10万キロ越えて日本では中古車として流通するのは難しい状態の自動車であっても他の国では、特に気にする事も無しに必要としている方が多いのが現状です。

 

日本では買い取りのときに人気車種かどうか、年式、車のキズやヘコミ、走行距離によって査定金額が決まります。車には買取り相場があり、その相場から傷やへこみ、走行距離の状態によってマイナスしていきます。そうしますと買取り金額が、悲しいほど低い場合もあります。買取り業者が、海外での販売に目をつけているかどうか、その他業者の得意不得意によって買取り金額に差が出てきますので一つの業者にお願いするのではなく、複数の業者に見積もりを取ることが大切です。

必要な書類について

中古車を輸出には、輸出する国によって違ってきますがどの国においても必要となる書類があります。輸出抹消 、Invoice、B/L (Bill of Lading)、海上保険証書 、原産地証明が共通して必要となります。
「輸出末梢」とは、輸出先の国の輸入通関で必要となりますが、必要な国と必要でない国があるため、必要な場合は荷受人となる中古車輸入業者に送る必要があります。申請は各地域の陸運局に登録申請します。
「Invoice」は日本の輸出通関と輸出先の通関両方で必要となります。輸出する中古車の車名、数量、価格、契約内容を記載します。
「B/L」は輸出する中古車を運送する船の会社と、荷送り人との間で交わされる契約書であり、船会社が中古車を受け取った 事を証明すると共に、輸出先の国で中古車との引換状ともなります。
「海上保険証書」は運送中に船が沈没、火災などによる事故で中古車が損なわれた場合に適用される保険証です。海上保険会社と契約を結び発行してもらいます。

 
「原産地証明 」は輸出する中古車の原産国を証明するものです。輸出先の国で必要となります。これは各地域の商工会議所で発行されます。ただし、発行してもらうには商工会議所の会員になる必要があります。
この他にも、輸出検査が必要とする国に輸出する場合はJAAI、JEVIC、EAAなどを必用とします。各検査機関で検査を受けた後に発行してもらいます。

必要な免許や資格とは

 

まず必要となるのは古物商免許です。事業を行う地域を管轄する警察署の防犯係にて申請を行います。通常は1か月ほどで許可がおります。個人、法人いずれにおいても登録できます。次に、中古車を輸出する場合にはまず車両を仕入れる必要がありますが、その際にほとんどの企業がオートオークションを利用します。そのため、オートオークションの会員資格は中古車の輸出を行ううえで必ず必要となる資格の一つです。海外のバイヤーも日本国内のオートオークションの相場を常にチェックしており、この相場の動向が輸出する中古車価格にも影響します。このため、会員となって日々の動向をチェックすることが重要となります。

 

なお、会員になる際には、古物商の資格を取得してから1年以上経過していること、中古車を展示する場所と事務所が存在し、なおかつ営業活動実態があること、さらに、不動産を所有している連帯保証人がいること、この3点を条件としている場合が多いのが一般的です。さらに、輸出入者標準コード、輸出入者符号とも呼ばれるものですが、通関での申告時に必要となります。このコードがなくても申告を行うことはできますが、このコードは税関が利用するNACCSシステムで採用されているコードであるため、このコードを利用することにより通関申告をより迅速に行うことができます。また、税関のほうでも輸出入を行う側のコードの存在により、過去の輸出入履歴を確認できることから、輸出許可がスムーズに進行し、なおかつ税関検査などが入りにくくなる、という利点があります。なお、このコードを取得するには、(財)日本貿易関係手続簡易化協会(JUSTPRO)に登録申請を行います。