中古車輸出の流れ

海外では日本車が大変人気があります。日本では不人気な車種であっても海外ではデザインや性能よりも耐久性の方が興味があり好まれます。過酷な条件でも故障する確率が低い日本車の人気は世界各国で認められています。発展途上国になると日本のように車検制度がないので、整備不良車が多く走っています。世界各国の車のメーカーの中で日本車が故障しにくく、暑さ寒さにも強く購入後修理の必要がないという事もあって、日本で不人気の車種でも、輸出すれば喉から手が出るほど欲しいという方が多いです。また、走行距離が10万キロ越えて日本では中古車として流通するのは難しい状態の自動車であっても他の国では、特に気にする事も無しに必要としている方が多いのが現状です。

 

日本では買い取りのときに人気車種かどうか、年式、車のキズやヘコミ、走行距離によって査定金額が決まります。車には買取り相場があり、その相場から傷やへこみ、走行距離の状態によってマイナスしていきます。そうしますと買取り金額が、悲しいほど低い場合もあります。買取り業者が、海外での販売に目をつけているかどうか、その他業者の得意不得意によって買取り金額に差が出てきますので一つの業者にお願いするのではなく、複数の業者に見積もりを取ることが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。