海外との代金決済方法

海外との代金決済方法は、銀行を経由するT/T(Telegraphic Transpher)による送金が一般的となっています。スリランカやバングラデシュなどの国ではL/C(Letter of Credit)による代金決算が多く利用されていますので、これらと決算する場合はL/Cが定める文書を作成し銀行に提出することになります。部品代や代金の不足などの比較的小額の場合は、Western UnionやMoneyGram、Paypalによる送金方法を利用することもできます。T/Tは、銀行を経由し電信により送金する方法です。比較的一般的な送金方法となります。

 

送金側及び受け取り側の両方で手数料が発生し、最低でも2500~4000円の手数料額となり、送金金額に応じ高くなっていきます。日本国外の銀行から受け取る場合に、受け取る側の日本国内の銀行と契約がない場合は、別経由となり別途の手数料が発生することがあります。なるべくコストを抑えたい場合は、日本国外にもネットワークを持つ銀行を受け取り側として指定しておくといいでしょう。L/Cは、輸入者の依頼を受けつけて、輸入者側の金融機関が発行する荷為替信用状のことを言い、輸入者の銀行が輸入者の支払いを確約する仕組みとなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。