輸出前の検査

日本国内で利用していた自動車を輸出する場合は、検査を行った上で輸出されていくと言います。
これは輸出先で安全に利用することが出来るなどの目的があるわけですが、輸出先の国よりいろいろな規制などがあると言われています。

国によっては、車両の年式による規制を設けている国があると言います。
この場合は、輸出における規制を行うと同時に、その自動車の安全性について十分チェックをした後で輸出をしなければならない、義務的な規制を持つ国もあるのです。

 

 

チェックを行うことで証明書を発行することになるわけですが、この証明書と言うのは、適正な方法で確認を行った事を証明するための書類であり、この証明書が無ければ輸入しないと言う国もあるのです。
一般的にチャックと言うのは船に積み込まれる前に行います。

尚、国によりチェック内容などが異なることからも、国毎に必要なチェックを行った上で船に積み込まれるのです。
因みに、JAAI、JEVIC、MAF、VCAなどの確認が国毎に義務付けられていると言います。

スリランカ、バングラディシュ、モーリシャス、タンザニアに輸出される中古車の場合は「JAAI」と呼ばれる手法で行われ、ケニア、ウガンダ、タンザニアに輸出される中古車の場合は「JEVIC」、ニュージーランドは「MAF」、マルタは「VCA」と呼ばれる手法でそれぞれ適正のチェックを行うことが義務付けられているのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。