車を輸送する方法

中古車を輸出する際に利用可能な手段は、一般的にRORO船、もしくはコンテナ船をいずれかを利用することです。利用する際は、輸出先の国、輸出する車両台数、コストなどを踏まえ、どちらの船を利用することが最適な手段となるかを考慮します。まずRORO船についてですが、船首などにランプウェーを装備し、自動車が自走して船内に格納できる構造になっています。RORO船のサービスがある国に中古車を輸出する際は、特別なケースを除き、RORO船で輸出するのが一般的です。一方、コンテナ船は、輸出先の国にRORO船のサービスが存在しないなど特別な事情がある場合に利用されます。実際には、40ftハイキューブコンテナに3~4台ほどの車両を船積みすることになります。

 

RORO船は1台ずつの輸出が可能となっていますが、こちらはコンテナにまとめて車両を積み込む必要があるため、調整が必要となります。輸出する車両が高級車である場合は、輸送中に何が発生するかわからないため、塗装のキズや、装備品および附属品の盗難を防止するために、20ftコンテナに1台のみを積み込んで輸出することもあります。日本では、コンテナ船での船積みにおいてコンテナのドアを閉めてロックした後は、輸入先のバイヤーがコンテナを開けるまで、第三者がコンテナ内の車両に触れることは一切ありません。このため、高級車を輸出する場合はコストがかかりますが、コンテナを選ぶと安全というケースがあります。B/Lなど書類の発送に利用する国際宅急便は、サービス、コスト、対象エリアなどを考慮したうえで利用するようにしてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。